ホーム > 設備紹介 > レーザ加工設備のご案内:本社工場

レーザ加工設備のご案内(愛知県知立市:本社工場)


新着設備情報

2015-09-09
2015-07-01
2015-04-01
2014-01-17


ファイバーレーザ

Laserdyne 795+ QCWファイバーレーザ


Laserdyne 795+QCWファイバーレーザ

■基本仕様
・定格出力:    2kW
・最大ピーク出力: 20kW
・稼働ストローク:
 X2,000・Y1,000・X1,000
  ・C±450°・D±150°

■主な特徴
・高いビーム品質とムラのない出力で安定品質
・三次元形状部品に高速孔あけ、斜め孔あけ可能
・11°~の浅い角度での孔あけ、切断も可能
・低電力消費のエコ設計


■用途
・穴あけ:薄板穴あけ加工,厚板への高アスペクト比穴あけ加工,斜め穴加工など
・条件設定により切断、溶接も可能


5kW マルチモードファイバーレーザ

高出力、高ビーム品質のレーザで、今までレーザでは諦めていた加工も可能に

【基本仕様】

  • 定格出力:5kW
  • 稼動テーブル:X・Y・Z・V
  • ストローク:800mm・460mm・520mm・360°
  • 最小スポット径:0.2mm

【特徴・用途】

  • ファイバーレーザは高出力でビーム品質も良い為、YAGレーザでは困難であったような、高反射材への溶接や、深い溶け込みが期待できます。
  • 10m/minの高速ステージを使用することにより、細く高アスペクト比のビードを引くことができます。

2kW マルチモードファイバーレーザ

ファイバーレーザ導入検討の味見試験に

【基本仕様】

  • 定格出力:2kW
  • 稼動テーブル:X・Y・Z・V
  • ストローク:2000mm・1200mm・480mm・360°
  • 最小スポット径:0.15mm

【特徴・用途】

  • 大きな加工テーブルを生かして、大物への加工が可能です。
  • ノズルを交換することにより、切断加工も可能です。
  • レンズの交換も容易なので、スポット径を変えながら適切な加工条件を検討をすることができます。

ファイバーレーザマーカー

深彫りと高速印字を実現する高出力ファイバーレーザマーカー

【基本仕様】

  • 定格出力:42W パルス発振
  • 印字範囲:90×90mm
  • 文字高さ・幅:0.1~90mm
  • 印字間隔:0~90mm

【特徴・用途】

  • 42Wのハイパワーで金属への高速深彫り印字を実施。
  • よりスピーディーに、シャープな深彫りを実現します。
  • 薄板や樹脂の切断・穴あけや、樹脂溶着が可能です。

肉盛り溶接機

補修肉盛り溶接機。手動ステージとマイクロスコープ及び同軸カメラを用いた微細溶接が可能です。

【基本仕様】

  • 定格出力:150W
  • ピーク出力:1.5kW
  • テーブル寸法:500×400mm

【特徴・用途】

  • 大きな金型から精密金型まで補修可能。
  • ひずみやピンホール等のない精密・高品質な肉盛、溶接ができます。

YAGレーザ

ピークパワー5kW パルスYAGレーザ溶接機

パルス発振による、熱影響の少ない精密な溶接が可能

【基本仕様】

  • 定格出力:400W
  • 最大ピーク出力:5kW
  • 稼動テーブル:X・Y・Z・R
  • ストローク:1号機:350・350・400(mm)
         2号機:400・400・300(mm)

【特徴・用途】

  • ビード幅が小さく微細な部品の溶接に適しております。
  • 同軸カメラによる位置合わせが可能です。
  • 2台体制により、スケジュールに柔軟に対応できます。

1kW マルチモードYAGレーザ 高速回転テーブル搭載モデル

CW発振により量産案件におすすめ

【基本仕様】

  • 定格出力:1kW
  • 最大ピーク出力:1kW
  • 稼動テーブル:X・Y・Z・U
  • ストローク:500mm・400mm・400mm・360°

【特徴・用途】

  • 300rpmの高速回転テーブルにより、量産加工にメリットがあります。

ピークパワー20kW パルスYAGレーザ切断機

ピーク出力20kWにより、厚さ25mmまで孔あけ可能

【基本仕様】

  • 定格出力:400W
  • 最大ピーク出力:20kW
  • 稼動テーブル:X・Y・Z・A
  • ストローク:826・686・686(mm)

【レーザの特徴・用途】

  • 高いピーク出力により、厚い部材への高アスペクト比の孔あけ加工を行います。
  • AS9100・NADCAP対象加工機です。

CO2レーザ

400W シングルモードCO2レーザ

    

 当社の事業「CFRP 高品位高速切断技術の開発」が、中小企業庁が実施する「ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金事業」に採択されました。それに伴い当社では本社工場に渋谷工業製のレーザ加工機「400W シングルモードCO2レーザ」を導入し、CFRP 高品位高速切断技術の開発に向けての活動を行っております。

当装置では高品質なビームにより最小穴開けφ0.1mmが可能になりました。




【基本仕様】
定格出力:400W
最大ピーク出力:1kW
稼動テーブル:X・Y・Z
ストローク:500mm・500mm・65mm

【レーザの特徴・用途】
・金属材料やセラミックス、樹脂などの薄板精密切断に
・ロータリーテーブル付き

電子ビーム

電子ビーム加工機「FPC-EBM」


新型電子ビーム加工機「FPC-EBM」

■基本仕様
・型式:CNC-EBM-P-6L
・メーカー:三菱電機
・定格出力:6kW
・稼動テーブル:
 U(電子銃軸)・Y・Z・A・C・W(高速回転)
・ストローク:230x200x50(mm)
・チャンバー寸法:500x500x500(mm)




【主な特徴】
・出力波形制御で熱影響が極めて少ない溶接が可能
・出力波形を最適化することで、ひずみ・スパッタを低減
・レーザでは溶接が困難な高反射材の高品位溶接が可能

【レーザと比較した電子ビームのメリット】
・アルミニウム合金や銅合金など高反射材での深溶込み溶接
・重ね継手やアルミニウム合金などの溶接でのブローホール低減
・チタン合金など酸化しやすい活性金属の溶接での欠陥低減

【主な用途】
・深溶込みが必要な溶接に
・チタン合金など酸化しやすい活性金属の溶接に
・融点の差が大きい異種金属溶接
・高反射材(銅・アルミ等)の溶接


電子ビーム加工機

レーザでは難しい溶接は電子ビームで

【基本仕様】

  • 定格出力:6kW
  • 稼動テーブル:X・Y・Z・A
  • ストローク:450x430(mm)

【特徴・用途】

  • 銅などの高反射材への溶接が、反射光の影響を気にせずに行えます。
  • 50mmオーダーの深溶け込みが可能です。
  • 高真空で加工することにより、酸化、窒化など不純物の影響を抑えられます。

量産型 電子ビーム加工機

量産案件向き低真空電子ビーム

【基本仕様】

  • 定格出力:6kW
  • 稼動テーブル:X・Y・A・C
  • ストローク:500・500・500(mm)

【特徴・用途】

  • 低真空で加工することにより、高サイクルタイム、高生産性を持ちます。

エキシマレーザ

近紫外エキシマレーザ

誠に勝手ながら、エキシマレーザによる加工は2015年8月をもちまして終了いたしました。


半導体レーザ

70W 半導体レーザ ファイバータイプ

樹脂溶着に適した発振器

【基本仕様】

  • 定格出力:70W
  • ファイバーコア径:φ0.8mm
  • 発振波長:940nm
  • 加工ロボット:安川電機製UP-20

【レーザの特徴・用途】

  • 低パワー(10-70W)での出力の安定が必要なケースに使えるレーザです。
  • 樹脂溶着時の温度モニタが可能な浜松ホトニクス製LDヒータ(70W,スポット径φ1.6)も利用可能です。

油圧ポンプによるガラス加圧治具

材料同士を密着

【基本仕様】

  • 70W 半導体レーザで使用可

【レーザの特徴・用途】

樹脂溶着では重ね継ぎ手を構成するのが一般的ですが、材料同士を密着させることが重要です。ガラス加圧を行えば溶着したい部分を直接密着できます。写真のような油圧ポンプによる加圧治具を所有していますので、材料だけ持ち込んで頂ければ、材料の溶着性の確認テストや少量試作がすぐに着手できます。


レーザ加工のお問い合わせは

株式会社レーザックス
〒472-0017 愛知県知立市新林町小深田7番地
TEL 0566-83-2229 / FAX 0566-83-0154

こちらから当社の設備一覧表をPDFでダウンロードいただけます。

株式会社レーザックス 設備一覧表


加工の悩みをレーザで解決しませんか?
専門家に相談できるサイトがあります↓



設備紹介

レーザ加工機(愛知)

レーザ加工機(横浜)

その他の設備