ホーム > 企業情報 > 機密保持に関する方針

機密保持に関する方針

    

株式会社レーザックスは、弊社の業務が「お客様」との信頼関係の上に成り立っていることを認識し、「お客様」との信頼を保持・拡大し、より良いサービスを提供していくために、機密情報に対して、適切な安全対策を実施し、保護・管理していきます。

    

そのためには、物理的、技術的なセキュリティ強化はもちろんのこと、従業員が機密情報のセキュリティに対して高い意識をもち、セキュリティを尊重した行動をとることが最も重要だと考え、経営層を含む全従業員は、本趣旨を理解し、遵守してまいります。

    

当社では、従来より社長を委員長とする「機密管理委員会」を設置、また、「機密管理規程」(全従業員が機密保持誓約)、「文書管理規程」などの社内規程を定め、機密情報の保護に努めてまいりました。

    

加えて、2007年より「機密情報流出防止の心得」を全従業員に配布することで、社員の機密管理意識の向上を図っております。今後についても、更に社内の機密管理・情報セキュリティ管理の現状を日々把握した上で、従業員への意識づけや情報管理体制の見直しなど各種施策を継続実施し、機密保持に努めてまいります。

以上

 

株式会社レーザックス
代表取締役 近藤恭司

加工の悩みをレーザで解決しませんか?
専門家に相談できるサイトがあります↓



企業情報

会社概要

所在地・アクセス

新着情報一覧

組織図

採用情報

環境への取り組み

機密保持に関する方針

購買方針

各種資料ダウンロード

お問い合わせ窓口