社員インタビュー

最先端の加工は、心の通じ合いから生まれる。

本社営業所 営業部

山崎将太郎

2016年入社。工学部出身だが、いろいろな人と会って話せる仕事に魅力を感じて営業を選択。

お客様の要望と想いを受け止める窓口。


自動車、電子、医療…様々な業界の企業からレーザ加工の問い合わせが舞い込んできます。問い合わせをいただいた企業からの要望にどう応えるかが、営業の真骨頂です。新規開拓に注力するのではなく、お客様と私たちの合点を見つけて受注に導くことに専念できるのは大きな魅力ですね。問い合わせから受注に至る確率は50%前後。価格、納期、加工法…検討すべき点はたくさんあります。製造部をはじめとした関係各署との調整を進め、プランを提案します。その結果、受注を実現できたときの喜びは格別。でも、それ以上に嬉しいことがあります。「お客様と心が通じ合った」と思えたときです。

「山崎さん、助かるわー!」


お客様が心を開き、私を認めてくれた。そう感じたエピソードがあります。お客様は、京都府にある企業の社長。依頼内容はとある量産に向けた試作。難易度が非常に高い上に、愛知県と京都府という離れた距離で電話によるコミュニケーション。電話越しから発せられる声を拾うだけでなく、意図や想いを汲み取ることを心掛けながら誠心誠意向き合っていきました。後日、社長から「山崎さんはよくわかってくれはるからすごく助かるわー!」とお褒めの言葉をいただけたのです。どんなに最先端のモノづくりでも、根底にあるのは人と人の絆。その尊さと素晴らしさを実感できたできごとでした。

社長とも、冗談を言い合える会社だからこそ。


入社して約3年。若手ではありますが、自由に仕事をさせてもらっています。「これをしたい」と言えば上司が耳を傾け、実現に向けて動いてくれるし、社長とも世間話を話せる仲です。年齢や役職の垣根を越えて、全員がフラットに接し合っている社風はレーザックスの大きな魅力ですね。「自分のアイデアや意志を反映できる会社で働きたい」と考えている方には絶好の環境ではないでしょうか。もともとは理系学部出身の私ですが、レーザックスを選んだことは正解。これまで勉強して培ってきた素地を活かせるシーンも多々ありますから。理系出身の方にも、ぜひ考えてほしい選択肢です。

他の社員インタビュー